便秘解消法 妊娠後期

妊娠後期

妊娠後期の便秘もまた、非常に多くみられます。
妊娠後期の便秘の原因として、胎児が内臓を圧迫して起こります。
胎児が大きくなるにつれて、小や腸を圧迫しその機能が低下してしまう為に、排便しにくくなり、それが妊娠後期の便秘の最大の原因です。
だんだん身重になり、運動不足になりがちでもあるので、ストレッチや妊娠中でもできる体操をしてみたりして、便を促進させる事を心がけましょう。
また、赤ちゃんが大きくなるにつれて、満腹感が常にあり、小食になるところも便秘の原因とされています。
しっかりと食事をする事で、腸が活発に働いてくれるので、規定の量はしっかりと摂るように心がけましょう。
特に食物繊維を多く含む炭水化物はきっちりと摂るようにしましょう。
妊婦さんは太るからといった理由から、炭水化物を抜く人も多いようですが、規定の量は食べるようにしましょう。

妊娠後期の便秘になった人は、朝の決まった時間に便器に座るようにします。
排便には習慣性があると言われていますので、決まった時間にトイレに座る事で排便を促進して、便秘を解消させてくれるといったケースもあります。

妊娠後期の便秘を放置しておくと大変な事になります。
私の体験からですが、便秘のお腹の痛み方(時間の間隔まで)が陣痛とそっくりです。
私は、2人目妊娠中に重度の便秘だったようで、2人目という事もあり、お腹の激痛が陣痛と勘違いし、立っていられない痛さで病院に駆け込みましたが、陣痛ではなくただの便秘でした。
こういった事のないように、妊娠後期の便秘は普段から予防と解消法を心得て実践しておくべきだと確信しました。
また、1時間以上のウォーキングをすると良いと聞いたので、それを実践しているとお腹も空くし、腸の動きが活発になってくれた覚えがありますので、お試しください。
当サイトをご訪問された方は、以下の記事を良くご覧になっています。

便秘解消法関連情報

便秘になりやすい妊娠後期の妊婦さんのために、こちらでは妊娠後期の便秘を解消する方法をご紹介しています。
妊娠後期の便秘を放っておくと、陣痛のような痛みを引き起こしてしまうので、こちらを参考にして便秘解消してくださいね。